ライフの新業態、本格的なオーガニックスーパー「ビオラル」~訪問記
2016.07.25

食品スーパー大手のライフコーポレーションが新展開する自然派商材を集めた本格的なオーガニックスーパーの「ビオラル」に行ってきました。
場所は東京都港区・・・?ではなく、大阪市西区。市中心部の緑のオアシスとして親しまれている靭公園から歩いてすぐ、キタやミナミの繁華街からは離れていますが、大阪市内中心部に住む方々には比較的便利な場所にあります。
 
IMG_2736
 
建物外観はライフの既存業態の店舗に近いスタイルですが、内装や什器類は米国のWhole Foods Marketに似た雰囲気で、ナチュラルなライフスタイルをイメージしやすい店作りとなっています。木(Wood)を基調にした柔らかくて自然に優しいトーンで店の内観は統一されていて、一般的なスーパー以上に清潔感の感じられる店内になっています。6月にオープンして一ケ月が経過した後での訪問でしたが、近隣に住む方だけでなく、車を運転して少し遠方から来られる方も多いようで、駐車場は満車で店内も賑やかでした。
一階がオーガニックスーパー、二階には休憩コーナーがあり、デリで買った物をその場で気軽に食べることが出来るようになっています。

その他、「有機ジンジャーシロップ作り(参加料700円)」や「スーパーフード勉強会(参加料無料)」などのワークショップも開催されており、ナチュラルなライフスタイルを学びながら買い物を楽しめるようになっています。体験や座学を通して、食材や商品の原料、生産工程など、その背景を知ることにより、買い物をする楽しさも倍増するかもしれません。
 
IMG_2740
 
気になる品揃えは食品を中心に、オーガニック野菜やオーガニックワイン、産直の野菜、製法や原料にこだわった調味料、スーパーフードなど、普段足を運ぶスーパーではなかなか見ることのできない商材がずらりと並んでいます。
 
IMG_2749
 
グラノーラの種類も国内品から輸入品まで幅広く扱っていて、沢山の味の中から自分にあった商品を選ぶ楽しみがあります。
 
IMG_2754
 
生鮮食料品コーナーでは直売所のような展示もあり、生産地の状況が理解でき、生産者の顔が見える工夫作りがなされ、目に見える形で健康や安心を訴求する売り場づくりが感じられます。
 
IMG_2745
 
デリのコーナーも設けられ、素材にこだわったスープや惣菜など豊富な選択肢の中から自由に選んでテイクアウトする方式になっており、ニューヨークのマンハッタンによくあるデリに近いシステムになっています。
 
IMG_2741
 
食に関してはオーガニックやナチュラルを志向しない方であっても、普段行き慣れたスーパーとは違う雰囲気を楽しめますし、マンネリ化した食生活に一つのエッセンスを与えてくれるキッカケ作りを提供してくれるような気がします。金太郎飴式の大型モールが都市部だけでなく、地方まで拡大し、画一的な商材にどうしても囲まれがちですが、このようなスーパーに時折足を運び、日々の生活に変化を付けることがあってもいいかもしれませんね。

イオングループもフランスを拠点に展開するオーガニックスーパーのビオセボン(Bio c’ Bon)と提携し、新業態のオーガニックスーパーを日本で展開する計画が既に発表されています。ようやく日本でも欧州や北米のようにオーガニックスーパーが近所に当たり前のようにある光景が増えていくのかもしれません。そんな日が来るのかと思うと~ちょっぴり楽しみです。

ビオラル靭店

住所:大阪市西区靭本町3-5-18
電話:06-6447-5511
営業時間:10:00~22:00
公式サイト:
http://www.lifecorp.jp/store/bio-ral/


Curator Profile : Boo
アジア地域でオーガニック商材を発掘~提供するビジネスを展開しています。
プライベートは地元のプロサッカーチームの運営に参画しつつ、北米や欧州を中心に各国のオーガニックライフに触れることをライフワークにしており、海外の逸品を日本に届け、日本の逸品を海外に広めることに生きがいを感じるマイペースな生き方をしています。