この時期が一番美しいバラ 「星の王子さま」から知るバラの魅力とは
2016.06.15

バラが満開の季節になりましたね。
バラ好きの方は一年で一番心が華やぐ季節かもしれません。
 
0615_1
 
ところでバラ好きの方、バラの花が好きになったきっかけはなんでしょうか。
私も今はバラの花が好きで、庭でも何種類かの花を育てています。けれど、20代の頃はあまり好きではありませんでした。
バラの気高い雰囲気が好きになれなかったからです。
そんな私がバラを好きになったきっかけは「星の王子さま」でした。
学校の教師になった先生一年生の時に、当時担任していた4年生の子どもたちと一緒に読書をした時のことです。
私が手にした本は「星の王子さま」。サン=テグジュペリの有名なあの本でした。
学校の図書室にあった「星の王子さま」は子ども向けのハードカバーブック。なつかしくなり、子どもたちと一緒に席に座って読んでみました。
すると、不思議な感覚なのです。
読み進めていくと、子どものときに読んだ感想と全く違う感覚があるのです。

子どものときは、きつねの「本当のことは目に見えない」という言葉に強烈な印象を持ちました。
その言葉を再確認。けれど、気になったのはそこではありませんでした。
大人になった私が何度も読み返したのはこの言葉。
「あなたがバラを大切に想うのは、バラのためにひまをつぶしたからだよ。」です。
バラのためにひまをつぶすといういい方は訳し方の問題ですが、ひまをつぶすというのは、大切な時間をそこに費やすということですよね。バラのために自分の時間を使うことができるというのは、そのバラを大切に想うからです。
 
0615_2
 
王子さまは、バラに棘があるのは、バラが自分は弱いと思っているからだということに気がつきます。だから自分はそんなバラを守ってあげなければいけないとバラのもとに帰ることを決めますよね。
先生になったからなのか、少しだけ大人になったからなのかはわかりませんが、その時の私には、この言葉がとても印象に残りました。
それ以来私は、バラの花を見る目が変わりました。
バラってかわいいな、そう思うようになったのです。
確かに育てていくには少し手のかかる植物です。切り花は、うっかりするとすぐに萎れてしまいます。
けれど、そんなバラだからこそ手をかけて育てる楽しみもあるものなのです。

そんなバラはまさに今が見頃です。


Curator profile: noriko
こころとからだの自然教室coco roomを主宰。ゆるやかな暮らしを実践中。
ナチュラルライフと子どもの学びを中心にライティングしています。