EAT

2018-01-19

It’s so easyオリジナル薬草茶で美味しく健康維持!

\Buyer’s Voice/
暮らしに取り入れてほしい薬草茶。
私たちが最も気にいった2種類の薬草茶、桑茶(マルベリーリーフ)とノブドウをご紹介。

【桑茶】
桑茶の元になる葉は、岡山県上山で農薬や化学肥料は一切使わず育てられた桑の木から、
手摘みで一枚ずつ葉を収穫しその日のうちに天日干ししています。
機械で一気に熱を加える乾燥方法と違い、風通しのよい自然の中での天日干しだからこそ、
栄養分を損なわず葉のもつ甘みも引き出してくれます。乾燥後にもあえて焙煎や粉砕は行なっていません。

薬草茶と聞くと苦みやエグミなど飲みにくさをイメージしがちですが、
この上山の薬草茶はしっかりと煮出してもすっきりとした甘みがあるのも特徴です。
食事と一緒に、リラックスタイムにと普段のお茶の代わりにお楽しみいただけます。

桑茶は、鉄分、カリウム、食物繊維などが豊富に含まれており日常的な栄養補給におすすめです。さらに、糖の吸収を抑制するαGI作用が非常に強く、血糖値の上昇をおだやかにしてくれることから糖尿病の方やダイエットに有効とされています。糖が過剰な状態を防ぐことは、くすみの原因ともなる抗糖化を避けることができアンチエイジング対策としても効果的だと言われています。

【ノブドウ】
ノブドウは、丘陵、野原に生える落葉つる性の植物です。
岡山県上山では棚田の石垣などにもよく見られ、古くより採取され、民間薬として用いられてきたようです。
からだの不調を感じるとまずはノブドウと言われるほど、その薬効は多岐に渡っています。

特に、花粉症を含むアレルギーのお悩みや肝機能のトラブルにおすすめです。
ノブドウを煎じて飲むことで、肝臓を強くし、人が本来もつ肝臓の解毒作用をしっかりと働かせることができます。
そうすると、花粉やハウスダストなどが体内に入ってもアレルギー反応をおこすことがなく、
しっかりと解毒、排出できるようになるようです。
外食やコンビニランチなど、知らず知らずのうちに体内に添加物など
不要なものをため込んでしまったときにも取り入れたいですね。
その他にも、疲れがとれない、ムクミやすい、顔色が悪い、ニキビにお悩みの方、
またお酒を呑む前にもおすすめの薬草です。

飲んだときだけ症状を抑える薬と違い、薬草茶として普段の暮らしに取り入れることで
体質改善につながるのも薬草茶の魅力です。
ノブドウ茶は、農薬や化学肥料の使われていない土地で育った、野生のノブドウの葉、つる、実を
手摘みで収穫し天日干しで乾燥させています。

この貴重な桑茶とノブドウをイッツソーイージーオリジナル商品としてご紹介できることになりました。
1/17(水)より南青山にあるイッツソーイージー @itssoeasy.jp
のショップ、及び只今開催中の伊勢丹新宿店=ビューティアポセカリーPOP UP SHOPにてご購入いただけます。
※伊勢丹新宿店での取り扱いは1/23(火)までとなります。

試飲をご用意してお待ちしております!
ぜひお試しくださいね。
▷1,200円+tax (20g入り)
▷利益の一部は、岡山県上山の棚田再生に生かされます