MIND

2018-07-04

香りのお話。

最近、身体のケアやメンテナンスについての知識に興味深々の私。

本を読んだり詳しい方に聞いたりしているのですが、
興味深いお話のひとつに「香りの持つ影響力」というのがありました。

もともと強い香りが得意ではないので、普段から香水はつけないし、
アロマとかにもまったく興味が持てず。
香水の香りが強い男性も苦手。笑

反対に、絶妙な加減でいい香りがする人っているじゃないですか。
そういった人にはとても魅力を感じていて、「素敵だなぁ」と思う大きな要因の一つですね。

接客のお仕事をしていて気付いたことがあって、
お客様って、テスターの香りをまず一番に確認するんです。

使い心地を確かめられない石鹸とかならわかるけれど、
ミストやオイルでもテクスチャーよりまず香りを確かめる方が全員、と言ってもいいほど。

香りを感じる嗅覚って、
いわゆる五感の中で二番目に敏感な感覚らしく、香りは脳と密接に関係しているんですね。

危険を察知するためらしいけれど、人が何かを選んだり判断したりするのに、
“香り”ってとても影響力が強いんだなと考えるようになりました。

そんな時、タイミングだなあ、ある方のお話の中に、“香り”についてのことがあったのです。

ストレスで心に余裕がないときって、香りを認識することも乏しくなってしまうみたいで、
だからこそ意識的に自分の好きな香りを嗅いだり体感すると、
ストレスを軽減したり前向きな気持ちを取り戻すきっかけになるんだそうです。

疲れている時なんかは好きな香水を枕にかけて寝たり、アロマをたいてゆったりと瞑想したり。

そのような話を聞いたことはあったけれど、食わず嫌いだったのか、その時必要としていなかったのか、
触れないまま今に至りました、、

私は思ったら即行動!タイプなので笑、

最近お店では毎日その日の気分に合わせてアロマをたいているし、
(店長に、「梅雨時期のじめじめした空気が改善できるわよ!」と聞いたのがきっかけ)

昔使っていたお気に入りのオードトワレを何年ぶりかに購入して使い始めました。
はあ、懐かしい香りに、いろんな思い出がフラッシュバック!

いい香りを嗅ぐと、なんだか、自然と笑顔になるし、自然と深い呼吸ができる。

そうすると、穏やかになって、心もポッとあたたかくなって、人に優しくなれる。

そんな振る舞いができている自分のことがまた好きになる。

自分の好きな香りをもっと知って、日常に少しずつ取り入れよう。

そして、いい香り人間になってみんなを癒そう!笑

そんなことを思うようになり、いい香り探しに動き始めた今日この頃のお話でした。

STAFF ARI